「加工・現像・Photoshopの使い方」 一覧

写真を写しホームページやブログに載せたりプリントしようとすると、写真の加工ソフトが必用になります。

ホームページに載せる程度でしたら無料ソフトでも十分ですが、写真を「Rar」で写すようになって、「Lightroom」と「SILKYPIX」を試用期間使って見ましたが、私の好みの色が出るのが「SILKYPIX」だったので、こちらを購入して使っています。

その後、写真印刷用のエプソンのプリンターを購入したのですが、その時に「Photoshop」が安価に購入できるサービスが入っていたことから、「Photoshop CS4」を購入して、現在は「Photoshop CS6」を使っています。

写真現像をして、自宅プリントをするようになると用紙もいろいろ使って見たくなりますし、好きなサイズに印刷するための用紙裁断機も必要になりました。

また、Photoshop の使い方は難しく、使い続けているときは覚えているのですが、よく忘れて困ることがあるので、思いついた使い方なども書いておきたいと思います。

カテゴリ一覧

Photoshop を使い写真を楕円形に切り抜き周りをぼかす

ホームページや広告などの飾りとして写真を使うときに楕円形に切り抜いて周りをぼかすという方法が良く使われます。 とても簡単にできるのですが、使い慣れていないと戸惑うこともあるので書いておきたいと思います ...

PhotoShopで塗りつぶしなしの円や四角形を描く

PhotoShopで塗りつぶしなしの円や四角形を描く方法

枠線を引いた画像

photoshopで画像に枠線を書く方法

photoshop で画像に枠線を入れるのは意外とよく使いますが、使い方を忘れがちです。
忘れた時のためにメモをしておくことにしました。



no image

写真加工ソフト Adobe Photoshop CS6

画像加工ソフト Adobe Photoshop CS6 は様々な画像加工が出来るプロ仕様ですのでかなり難しくて使いこなせませんが、一つのソフトRaw 現像から写真の加工、プリントまでできて使い始めるとなくてはならないものになってしまいます。

写真用紙の切断のために購入した用紙裁断機(ペーパーカッター)

趣味で写している写真ですが、写真教室に通っているといろいろな用紙で印刷した作品を見せてもらう機会が多く、用紙により写真の印象がかなり違うと感じさせられます。 その時々に写した写真を適切な用紙にプリント ...

Copyright© カメラ&フォトルーム , 2017 All Rights Reserved.