スポンサーリンク

カメラ

下取り交換でキヤノン EOS 5D Mark IIIを購入後の撮影テスト

更新日:


EOS 5D Mark III

EOS 5D Mark III

網膜剥離手術後見え方が良くないので、写真撮影に行くには無理な体なので、EOS 5D Mark III はほしかったのですがまだまだ先の購入になるだろうと思っていました。

前の記事を書きながら調べていたら、EOS 5D Mark II がかなり高い値段で下取りしてくれることがわかりました。

その上キヤノンで「ゴールドラッシュ[プレミアム]キャンペーン」中でEOS 5D Mark III は2万円のキャシュバッグが受けられます。

いろいろとネットで調べて見て、条件が良いようなお店に電話で聞いて見ましたら、傷がなくすべての付属品がそろっていれば、91,000円で下取り、購入をすれば10%増しと言う事でしたので送ることにしました。

スポンサーリンク

EOS 5D Mark IIIを購入した

次の日に電話があり、10%割増しで、100,100円で引き取ってくくれて、価格が287.000円から10.000円引きで、差引176,900円になり、20,000円のキャッシュバッグがあるので、最安値が271,000円のものが156,900円で購入できることになるようです。

もし使わなくてもそれ以上の値段で売れると思いますので、購入しておくことにしました。

わが家にはEOS 5D Mark II が2台ありますが、中古でそれほど高く引き取ってもらえるとは思っていなかったので、使うことが出来ることを願って購入しました。

そのようなやり取りをした後の一昨日ににカメラが届いたので、使い方などを一応読んで使って見ることにしました。

設定が終わった時は夜になっていましたが、感度が良いと言う事だったのでそれを試すのにもってこいと思い、犬を写してみました。

レンズはレンズキットについているのと同じ、EF24-105L IS USM を付けて、 M(マニアル)モードで、絞り4.0 シャッタースピード 1/60 ISO フリーにした時に 12800 で写したのが下の写真です。

ナナ

シャッター速度 1/60  絞り数値 F4.0  ISO感度12800

AF速度も早く、シャッター音も小さくなっていて明るいところはあまり変わらないが、暗いところに強く高感度になったと言われていたのを試すことが出来ました。

5D Mark II は暗い所で苦労していたので、暗い所での撮影が多い私には嬉しい限りです。

まだ外では写していませんが、昼間の部屋の中でシャッタースピードを 1/125 、絞り 4.0 、ISO フリーで写してみたのが下の写真です。


ミレアとナナ

シャッター速度 1/125  絞り数値 F4.0  ISO感度 3200

ナナ

シャッター速度 1/125  絞り数値 F4.0  ISO感度 6400

今度は外での撮影をしてみようと楽しみにしていますが、これだけの感度があることと、AF 速度が速いことは5D Mark II で抱いていた今迄の不満がすべてぬぐえたようでとても満足できる買い物になりました。

その他にもいろいろと進化しているのでしょうが、私はオートフォーカス機能と性能の向上がとても気に入って、Mark2ではトータル15点のフォーカスポイントが、Mark3では61点へと増やされ、AF速度も高速化になっていると聞いていたのが買い換えたかった大きな理由になったいましたので、それが実感できたことはとてもうれしいことでした。

フルサイズ機がEOS 5D Mark ⅣとEOS 6D Mark II がでて、選択範囲が広がった

その後EOS 5D Mark ⅣとEOS 6D Mark II が出て、選択範囲も広がっているようですが、5年近い歳月はカメラの機能にも影響しているようです。

現在は購入の予定がないので、試してみたことがありませんが、普通に写す限りはEOS 5D Mark ⅣもEOS 5D Mark IIIお変わらないという人もいますが、それぞれの使い方によることと思います。

 
スポンサーリンク

-カメラ

Copyright© カメラ&フォトルーム , 2018 All Rights Reserved.